Cecilia Zabala / Pendiente

型番 MDR1504
販売価格 2,160円(税込)
購入数

2016/7/26 レーベルの消失につき入手困難となっていた、モダンフォークの一枚。再入荷

ギターのソリスタとして、瑞々しいスキャット混じりの唄を聴かせる女性S.S.W.として、声とギターだけで魅了することのできる存在。前作"Aguaribay"でアルゼンチン・フォルクローレ/ラプラタ川流域音楽新時代の代表作といってもよいほどの高い評判を得たセシリア・サバラ、ソロ名義では二作目となる"Pendiente"をリリース。75年生まれで大人の女性としてのナチュラルな美意識が現れたかのようなしなやかな容姿、女性らしい丸みを帯びた印象の唄と、確固たる技術に基づく卓越した7弦ギターのスキル、これは”アルゼンチンの声”といっても差し支えないくらいだ、と現地メディアが報じるほど。フォルクローレ界やタンゴ界でも経験を積んでいるセシリアのソロ前作はA.ユパンキなどのクラシックをレパートリーに据えたものでしたが、今作アルバムは13曲中10曲が自作自演、よりコンポーザーとしての個性が傑出したもの。不思議で独創的なヴォイシングと想いの籠ったプレイに惹き込まれます。ソプラノ・サックスやチェロ、ファゴットと曲毎に異なるゲスト・プレイヤーを呼び、少ない音数の中で如何に新しいものを表現するかを完璧にやってのけるミュージシャン。ロシア出身でN.Y.を拠点に先鋭ポップの旗手となった女性S.S.W.レジーナ・スペクターの「ode to divorce」を英語詩のままカヴァーしたヴァーションや、メキシコ人ダヴィッド・アギラール作の「ラ・デ・ラ・リベールラ」も収録。


Your recent history

Recommended

About the owner

伊藤亮介



Blog

Mobile