JOÃO CAMARERO / VENTO BRANDO

型番 GC03JOC-18
販売価格 2,200円(税込)
購入数

役者でも普段着感覚の素で演じるのを持ち味としている人もいれば、舞台ではプライヴェート以上に喋り方の抑揚をつけて観衆に伝えようとする役者さんもいます。ブラジル・ギターに置き換えて言うなれば、このジョアン・カマレロは後者のほう。ソロ・ギターでもゲストが参加したギター・デュオでも、陰陽つけてプレイするのを心情としているのでしょう、寄せては返す波のように演奏の押し引きを行っています。1990年サンパウロ州の生まれで、タトゥイー音楽院を卒業後、母校で後身の指導にもあたり、MIMO2015をはじめとするトロフィーも幾つか獲得。アカリからの1stアルバムが話題となり来日も果たしています。活動のベースはショーロなのですが、つい先日リリースされたジャコー・ド・バンドリン生誕100周年記念作でも、ジョエル・ナシメントとファビオ・ペロン二人のバンドリン奏者のバックで7弦gを弾いていたりと変わらず躍進を続けていますが、ここにソロ2作目が登場。


ストーリー性のあるプレイが魅力のブラジル・ギター奏者、ジョアン・カマレロ


室内楽ショーロの大家 - ハダメス・ニャタリの"Tocata em Ritmo de Samba"、"Choro da Brasiliana No.13" を鮮やかなソロ・ギター仕様へと編曲したものに始まり、ガロートの"Inspiração"、"Enigma" に師匠ジョアン・リラがゲスト参加した"Makarasu" 、"Quadradinho"、もう一人の師匠でピアノ奏者のクリストヴァォン・バストスと共作したオリジナル・コンポーズのタイトル曲" Vento Brando"、そしてハファエル・ハベーロ=パウロ・セーザル・ピニェイロの"Camará"まで、至芸とも呼べる速い運指にストーリー性、双方が満喫できるギター作品。








Your recent history

Recommended

About the owner

伊藤亮介



Blog

Mobile