embichadero / DONdeIR

型番 RdU 002
販売価格 2,480円(税込)
購入数


洗練された究極のルーツ志向。コンテンポラリー・フォルクローレの木管類+打楽器にポリフォニーのミニマム・アンサンブル、ツワものデュオ

メンドーサにあるクジョ国立大学出身で、フルートやバス・フルート、ケーナにバンスリ、あらゆる笛類楽器の演奏に卓越した技術を持ち、パトリシオ・ピエトレク・グルーポにも参加するディエゴ・コルテスと、今までに50以上の作品であらゆる打楽器をプレイ、米国やオランダなど海外でもラテン・アメリカのリズムについてワークショップを開催するリズム・マスターのホナタン・シェルのふたりがデュオ・エンビチャデロ。今までにも政府文化機関の助成を受けたツアーなど行ってきたデュオが、ポルトガルのセルパにてアーチスト・レジデンスの際にレコーディングしたのが本2nd。m-5"Ruiseñor"でシェルの弾くギターが登場するほかは、フルート類にカリンバ(親指ピアノ)、マリンバ、そして深い残響を残す幾多のパーカッション、と単音楽器の積み重ねと唄の多重コーラスで独自の音世界を作っていくのですが、コンテンポラリー・ジャズの即興的に少ない音数まで研ぎ澄まされたアンサンブルが圧巻。チリのトラッドに始まり、ブラジルはイレーニ・ベルタキーニの作品にもゲスト参加していたカテリナ・ルドコファとデュエットする、東欧ベラルーシのトラッドを編曲したm-3"Riabina/ Plantitay de aleli" も違和感なく並びます。ディエゴ自作のm-6"Niña y Río"にはブラジル人ハーモニカ奏者ガブリエル・グロッシがゲスト参加。ボディ・パーカッションにスキャット、リズム・マスターの紡ぎ出すルーツ音楽の鼓動にエキセントリックな管楽器、そしてポリフォニーが載るという他に類を見ない一枚。











Your recent history

Recommended

About the owner

伊藤亮介



Blog

Mobile