Analia Sambuco, Julian Solarz / Tiempo Vaiven

型番 ANALIA JULIAN
販売価格 2,057円(税込)
購入数

2018/5/21再入荷しました!

ジョニ・ミッチェルの瑞々しさとエルメート・パスコアルの鋭敏な感性。これらが同居する傑作。

ノラ・サルモリアが率いたオルケストラ・スダアメリカナに在籍していた女性vo アナリア・サンブーコと男性 p フリアン・ソラルス、ブエノス・アイレスを拠点に音楽活動をする30代後半のふたりがよりミニマムな表現を求めて始動させたデュオ。ゆったりとしたタイム感のコンテンポラリー・フォルクローレにジャズの即興性を散りばめて、風に吹かれるしずくのように瑞々しく川沿い音楽として紡いでゆくのは、ペドロ・アスナールがボルヘスの詩に曲をつけたm-1”Caja de musica" にはじまり、マルコス・カベサスのマリンバ演奏をフィーチャーして神秘的なムードを醸し出すマウリシオ・ウバル作m-3"Extrana compania" などウルグアイの楽曲たち、フリアン・ソラルスが打楽器を習ったファクンド・ゲバラが参加するノラ・サルモリア作のm-5"Zarpan manos de aire"、そしてエルメート・パスコアル作の"Pipoca" にはノラ・サルモリアがヴォーカルとエレピで参加。キューバのピアノ奏者、ボラ・デ・ニエベの楽曲を2曲、ブラジルのカルリーニョス・ブラウンの曲も収録するなど、ラテン・アメリカ中の音楽エッセンスを吸い上げて、最小限の音数のみによる川沿い音楽のスタイルへと染め上げた、くすむことの無い輝きを放つ傑作。



Your recent history

Recommended

About the owner

伊藤亮介



Blog

Mobile