ULISES CONTI / LOS EFIMEROS

型番 FLAU 78
販売価格 2,484円(税込)
購入数

*当店屈指のロングセラー、ソロ・ピアノ作「Posters Privados」で一躍注目を集め、5年前の京都エクスペリメントでは、グレッチのegを手にローラ・アリアスの舞台劇伴をこなし、ドイツのロード・ノイズや風雷をフィールド録音したLP「Bremen」、ヴィンテージ・リズム・ボックスを多用したIDM作品「1234.8」のリリースといよいよ多様性を増すブエノス・アイレスの音楽家ウリセス・コンティ。どちらへ向かうことかと固唾を飲むなか、国内のflauさんを通じて発表されたのはオーケストラ作品。以前発表されたフランスのオーケストラとの作品「Los Paseantes」を思い起こさせる、フレンチホルンやファゴットをフィーチャーしたロマン溢れるアンサンブル。特に中盤m-5"Interludio"でのチェロやコントラバスの奥行きの深さや、m-9"Impromptu"の凝ったアンビエンスには、コンポーザーとしてのみならず、サウンド・デザイナーとしてのウリセス一級のこだわりを感じさせます。現代音楽から舞台音楽まで広く活動するカルロス・ブリテスとの共同アレンジで、ブエノス・アイレス : ウシナ・デル・アルテで収録。映像を喚起するシネマティックなインストゥルメンタル音楽の真骨頂。


ブエノス・アイレスのシネマティックな音楽家ウリセス・コンティのオーケストラ作


10の小さな楽章で構成されたこの作品は、ブエノスアイレス・ウシナデルアルテの講堂で、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、ダブルベース、フレンチホルン、トロンボーン、トランペット、ファゴット、ハープ、ティンパニ、合計15人の演奏家たちによって録音。IDM、アンビエント、フィールドレコーディングからソロピアノまで、あらゆる彼の音楽性の変遷とその長い道のりに対する回答とウリセス自身が話すように、作曲家の最も古典的な側面を象徴するようなロマンティシズムに溢れています。長年にわたり、ウリセスは、議事堂でのパフォーマンス、レクチャー、サウンド・ウォーク、コンサートなど様々なソロ・プロジェクトを開発し、育ててきました。そしてまた、ダンス、映画、演劇のための50以上のサウンドトラックとのコラボレーションでも活動しています。それでもなお、新しい挑戦を進めるウリセスによる『Los Efímeros』は彼のネオ・クラシカルへの声明であり、フレンチホルンやファゴットなどおよそ昨今のムーブメントでは忘れ去られた楽器への愛を表現しています。深い静寂とスケールの大きなロングトーン、映像喚起力の高いウリセスならではのエレガントで鮮烈な器楽彫刻作品です。(メーカー資料より)





Your recent history

Recommended

About the owner

伊藤亮介



Blog

Mobile