LUÍSA MITRE / OFERENDA

型番 7899989 934832
販売価格 2,190円(税込)
購入数

*ミナスの女性ピアノ奏者が率いるクインテートはヴィブラフォン奏者の妹やフルート奏者も含む変わった編成で




ベース奏者キコ・ミトリの姪であり、昨今の興味深い音楽家を多く輩出しているUFMG(ミナス・ジェライス連邦大学)の修士課程を履修、ハダメス・ニャタリのショーロ曲をコンテンポラリーに解釈するグループ - トカ・ヂ・タトゥで2011年以来活動してきたルイーザ・ミトリ。欧米のモダン・ジャズというよりは、セーザル・カマルゴ・マリアーノやジョアン・ドナートといったブラジリアン・ポピュラーのフィールドで活躍する鍵盤奏者を敬愛するルイーザは、世界中の音楽ファンから注目されるミナスのサヴァッシ・フェスティヴァルのいち企画ムジカ・ノヴァに声を掛けられ、オリジナル・コンポジションをそこで披露するというそのイベントへのプロセスが本作誕生のきっかけとなっています。雨だれのようにしとやかな冒頭"Valsa da Espera"から、妹のナターリア・ミトリ(vib)との鮮やかに軽やかな掛け合いが魅力のm-2"Chegada"や、フルート奏者マルセラ・ヌネス(flute)のミステリアスなタンギングの中、ミナス音楽の大家ミルトン・ナシメントの佳曲を彷彿とさせるピアノ・リフが出現するm-7"Partida"まで、ミナスらしさが随所に現れたコンテンポラリーなインストゥルメンタル作品集。











Your recent history

Recommended

About the owner

伊藤亮介



Blog

Mobile