JULIÃO PINHEIRO / pulsação

型番 AR57
販売価格 2,500円(税込)
購入数

*16/3/19 売り切れました。
父は偉大な作詞家、母はレーベルも運営するカヴァキーニョ奏者。リオのサンバ一家に生まれた7弦ギター奏者がS.S.W.として挑んだ濃密な内容の作品。

全曲を有名な作詞家である父パウロ・セーザル・ピニェイロと共作、多くの楽曲でカヴァキーニョを弾くのは母ルシアナ・ハベーロ。ショーロの木目調なぬくもりを持ったタイトな演奏と父による叙情詩の成分を抽出するに充分たるソフトで繊細な唄い口。刹那がこみ上げるメランコリーなサンバを体現するのは、リオの州立連邦大学で音楽を学び、自らの手で7弦ギターの奏者という道を選択したジュリアォン・ピニェイロ28歳。多くの楽曲は名手マウリシオ・カヒーリョ(g)のアレンジで、サンバの醍醐味でもあるユニゾン・コーラスも充実。クリストヴァォン・バストス(p)がアレンジしたm-2"Quem e Aquela?"やm-6"Cortejo da Ilusao"、きょうだいのカヴァキーニョ奏者アナ・ハベーロとデュエットしたm-4"Samba da Estrela Cadente"、名曲"Tristeza" を下敷きにしたようなm-6"Cortejo da Ilusao"、ベテラン・グループのMPB4が参加し、そこからミルチーニョがアレンジを手がけたm-8"Bamba com Bamba"、父パウロ・セーザルがマイクを担ったm-9"Samba e Bom"など練りに練られたことが伝わって来る、充実のサンバ・アルバム。



Your recent history

Recommended

Mobile