LULINHA ALENCAR, MESTRINHO / TOCANTE

型番 NC048
販売価格 2,060円(税込)
購入数
CD

2018/11/1 お待たせしました、再入荷しました。

アコーディオンというとお祭り音楽のように陽気なイメージがつきまといますが、「魂に触れ、心を穏やかにする録音」を心がけたというacc二台のみによるデュオ作。空気を孕んだ柔らかな音色と流麗なハーモニー、鮮やかなaccの奏法を駆使し表現された美しく弾むリズム。

ブラジル北部リオグランデ・ド・ノルチ出身でモデルナ・トラヂサォン、コレチーヴォ・アメリカ・コンテンポラネアなどのユニットでも活動、2012年には北東部の一大フェスティバルであるフェスタ・ド・ジュニーナスのライヴ・サーキットでアコーディオンの巨匠ドミンギーニョスとひと月掛けて巡業したというルリーニャ・アレンカール。そしてドミンギーニョスの晩年を5年の間共にした愛弟子で、ジルベルト・ジルのバックの他、S.S.W.としてソウルやジャズ、黒人音楽のエッセンスが滲み出すソロ傑作を発表している新進気鋭のメストリーニョ。ショッチ、バイーアォン、フォホーを現代的に解釈するリノベイターとして知られるアコーディオン奏者の二人が初めて邂逅、師匠ドミンギーニョスを偲んだ作品を制作しました。m-3"Noites Sergipanas"のように語り合うように親密な解釈が施されたドミンギーニョスの楽曲を始め、アレンカールとメストリーニョそれぞれが巨匠に捧げるオリジナル・コンポーズ、そしてフランスの音楽家リシャール・ガリアーノによる"Ciao São Paulo"を収録。











Your recent history

Recommended

About the owner

伊藤亮介



Blog

Mobile