DOS CAMINOS / EN CASA

型番 doscaminosduo
販売価格 2,500円(税込)
購入数
CD

コンテンポラリー・フォルクローレと呼ばれる、フォルクローレを基盤にジャズや現代的な音楽エッセンスを散りばめた音楽たち。近年数多く紹介されてきましたが、彼の国のトラッドよりのパフォーマンスでは情念をこめることで伝わるとされており、このポイントが背景の全く異なるこの国においては理解され難い点であるのは事実。しかしメンドーサ出身で音楽学校EMBAに通うために上京して以来、ブエノス・アイレスを拠点とするセバスティアン・ゲバラ(vo,g)とレティシア・ビビロニ(vo,per)の二人がドス・カミーノス・デュオとして制作した初のアルバムでは、冒頭のカンドンベ"El Afilador"から明朗闊達な生ギターと男女ハーモニーで、爽やかな風を吹かせてくれています。メルセデス・ソーサが唄って有名になったキューバの"Drume Negrita"に溢れる優しさ、サンティアゴ・セグレ(bdn)が参加して優雅なサロン・ミュジックとしたチリのトラッド"En el Cuatro de la Carmela"、作者であるアカ・セカ・トリオのフアン・キンテーロ(guitarron, vo)がゲスト参加した"Adolorido"、ビクトル・ハラにビオレータ・パラ、シモン・ディアス、南米中のレパートリーから選択された佳曲たちを親密でフレッシュな自分たちのスタイルへと染め上げて。セバ・ゲバラの自作曲"El Dia Vendrá"にはルナ・モンティ(vo)がゲスト参加。最終曲に子どもとのリハーサルが収録されている通り、ピアノを除く全てを自宅で収録した、ハイ・クオリティな宅録アコースティック作品。



















Your recent history

Recommended

About the owner

伊藤亮介



Blog

Mobile