DANI & DEBORA GURGEL QUARTETO / UM

型番 RBCP-2694
販売価格 2,700円(税込)
購入数

先着順の特典として何と非売品のDVD(本作のレコーディング・シーンなど4曲分)をプレゼント。お見逃し無く。


ダニ&デボラ・グルジェル・クアルテート/UM(ウン)
DANI & DEBORA GURGEL QUARTETO / UM
日本国内盤/Rambling RECORDS
歌詞対訳[荒井めぐみ]、解説 [大洋レコード・伊藤亮介] 付き



「2008年の『Nosso』を聴いたときからダニ・グルジェルの大ファンでした。ダニの一度聴いたら印象に残る歌声とジャズ寄りMPBの洗練されたサウンド。そのサウンドのキーマンが母デボラ・グルジェル。2012年のUSツアーを追っかけてシアトルで体験した2日間のライブ。今年ダニ&デボラ・グルジェル・クアルテートとして活動を始め、新たに『ひとつ』になって録音したのが本作『Um』。感性を刺激する『Um』は、きっと皆さんの記憶に残る作品になるでしょう。」
ー堀内隆志 [Cafe Vivement Dimanche]


「まずサンパウロらしいアーバンでアヴァンな、実験精神に富んだピアノとスキャットが際立った曲に耳が行きましたし『Nosso』の収録曲にあったような、デボラ/ダニ流のフレッシュなサンバ・ジャズ・スタイルを更にリズム解釈などで発展させたような曲、そのいずれでもピアノ・ジャズの演奏の醍醐味がフルに発揮されており、デボラ(p)も、チアゴ(drs) も自在に演奏を楽しんでいる様子が伝わってきます。コンバスの人も素晴らしいですね。今回はカヴァーも取り入れているのが新鮮でした。"バラ・コン・バラ" に "ロック・ウィズ・ユー"、この目の付けどころが興味を惹かれます。勿論アレンジにも。」

こちらは私信にてカフェ・ヴィヴモン・ディモンシュの堀内隆志さんに送らせていただいた本作の第一印象、まだ曲名も知らぬうちに一聴した際の偽らざる感想なのですが、ダニやデボラ・グルジェル周辺の音楽は、聴き続けても飽くることの無いエヴァー・グリーンで普遍的な魅力に溢れています。たとえばジャズ全般と、ブラジル音楽と言えばジョビン、といった大人音楽主体のリスナーの方にも胸を張ってお薦め出来る逸品です。

どのようにして私がこのダニとデボラの音楽を知るに至ったかですが、ト・ブランヂリオー二という若手SSWのアルバム、そしてダニ・グルジェルのファースト・アルバム「Nosso」、これらがブラジル・アルゼンチンからの輸入盤をメインとした東京・神楽坂の我がセレクトCD店、大洋レコードに入って来たのが2008年。すべての楽曲が自作、或いは近しい世代の、まだローカルな存在の音楽家たちの作品であること、ジャズやボサ・ノヴァの和声術を用いた洗練された佇まい、対してそのフレッシュな唄い口からは自分たちの"ことば"を用いていることが感じられ、「サンパウロで生まれたブラジル音楽の新潮流」として紹介をさせていただきました。ハファ・バヘート、カエー・ホルフセン、ダニ・ブラッキ、ヴィニシウス・カルデロー二にレオ・ビアンキーニ等のちにSSW5人によるユニット - シンコ・ア・セコを形成する面々、そして2度の来日を果たしたジアナ・ヴィスカルヂとミッヒ・フジチュカ、ダニ・グルジェルの旦那さんでもあるドラム奏者のチアゴ・ハベーロが参加したタチアナ・パーハのソロ作、など続々と"新潮流"の中から作品が輩出されてきました。そして2013年、堀内さんやランブリング・レコーズさんの熱い思いが結実、ジャストなタイミングで新たな取り組みを形にしつつあったダニ&デボラのニュー・アルバムがこうして晴れて日本リリース、そして9月の初来日と慌ただしい動きをみせて参りました。ぜひ可能な限り大きなヴォリュームでこのアルバムを再生してみて下さい。部屋中に広がる一発録りの躍動感、演奏の喜びに浸れること請け合いです。
ー伊藤亮介 [大洋レコード] 『Um』ライナーノーツ未掲載のアウトテイク文章に加筆・修正




Your recent history

Recommended

Best sellers

Mobile