Julia Bosco / Tempo

型番 7899004 766240
販売価格 2,324円(税込)
購入数

「酔っぱらいと綱渡り芸人」「ナサォン」...ボサ・ノヴァ・ギター弾き唄いに多大な影響を与える偉大なミュージシャン - ジョアン・ボスコの実娘ジュリア・ボスコのデビュー作が発表!おそらくは父を通して、ブラジル音楽のレジェンドを、そして海の向こうをも見据えてきたことでしょう。少しくぐもったようにナチュラルに、柔らかく唄うそのスタイルはまさしくボサ・ノヴァです。全編を漂うR&Bやジャズのムード、ソウル・ボッサの傾向は共作とプロデュースを担うファビオ・サンタナによるもの。自身でもリオでSSWとして作品を発表するこのファビオ・サンタナとのタッグで12曲中9曲を自らのペンで手がけています。一聴するとそのローズ・ピアノやハモンドのアレンジとブラック・ミュージックへの傾倒具合に、ブラジルの、というよりはヨーロッパの洗練されたフィルターを通過したラウンジ音楽的な傾向を感じ取る事ができるのですが、それもそのはず、ジュリアのアイドルであるというマルコス・ヴァーリがm-2 "Curticao" に鍵盤で参加しており、英語で唄われるm-12”Angel”しかり、ブラジル音楽が海外で認知された頃の輝き、ないしはブラジル音楽の魅力に気付いた頃の思い、というようなものを思い起こさせる何かが本アルバムにはあります。父親のジョアン・ボスコはm-3”Na Oracao"に参加、コーラス・ワークなど歌周りの制作はソロ・シンガーとしてアルバムも発表しているセシリア・スピエールが担っています。ミキシングと共同プロデュースはプリニオ・プロフェータ(ペドロ・ルイス・ア・パレーヂ、ティエー etc)。今後が楽しみな存在がまたひとり。

Your recent history

Recommended

About the owner

伊藤亮介



Blog

Mobile