ANDRE MEHMARI E MARIO LAGINHA / AO VIVO NO AUDITORIO IBIRAPUERA

型番 EM012
販売価格 2,983円(税込)
購入数
ジャケット色

2017/1/17 再入荷しました!

ピアノ+ピアノの国際的な共演盤傑作。

アンドレ・メマーリの傑作、届きました。劇場アウヂトリオ・イビラプエラで2台のグランド・ピアノを突き合わせ、ポルトガルのピアノ奏者マリオ・ラジーニャとお互い書き下ろしの曲で共演。

「自国の豊かな音楽と密接で、尚かつジャズとの距離も近くクラシック音楽からの影響も持っている。そして同じ言語を話す。」ブラジルのピアノ奏者で様々なMPB作品やジャズ作品への客演を行ない、唄い手や器楽奏者とのコラボレイトから吹奏楽オーケストラとの共演まで自身の名義の作品でも行く末知れぬ程に表現の幅を広げるアンドレ・メマーリと、ポルトガルのジャズ界でよく知られたピアノ奏者で、女性シンガー-マリア・ジョアンとの長年に渡るパートナー・シップの他、レニーニやジルベルト・ジルとも共演しているマリオ・ラジーニャ。このふたりがサンパウロの名門劇場で4日間のリハーサルののちに挑んだコンサートの実況録音盤。心に海を持つ音楽家ふたりが、心眼で大海原をクルージングするようにデュオの音を見つけ出したという国も飛び越えたピアノ+ピアノのダイアローグ。

"Um choro feliz" や"Um fadinho feliz"、"Fado" といったお互いの国の歴史を持つ音楽スタイルにそれぞれがオマージュを捧げた書き下ろしの自作曲から、メマーリ自身のレパートリー"Lachrimae" (2005年)をデュオ編成で更に発展進化させた"Sunt lachrimae rerum"、ピアノの鍵盤数をフルに活用した壮大な描画的オーケストレーションに軽快で鮮やかな指運びの応酬というムードの中、 唯一モダン・ジャズの雰囲気を持ったオスカー・ハマーシュタイン作"The song is you" が、互いに敬意を表しながら新しい景色を見よう、というこのデュオのセット・リストのアクセントになっています。

クラフト紙に銀色の文字が箔押しされた豪華なペーパー・スリーヴ、ミナスの鉱石をイメージした緑・青・赤・黄の4色からランダムにお送りさせていただきます。

Your recent history

Recommended

Best sellers

Mobile