ana claudia lomelino / maeana

型番 7898614 902963
販売価格 2,970円(税込)
購入数

2017/3/27 売り切れました。

ジルベルト・ジルの息子、ベン・ジルを擁する新世代ブラジル音楽のグループがトノ。以前に入荷してきていた「Aquario」も入手困難になって久しいですが、その間に母親になったヴォーカリストのアナ・クラウヂア・ロメリーノがソロ作を制作。夫にしてトノの同僚ベン・ジルがプロデュース、トノのベース奏者ブルーノ・ヂ・ルーロに加えてドメニコ・ランセロッチがコ・プロデュースで参加、カエターノ・ヴェローゾ(m-3"nao sei amar")とアドリアーナ・カルカニョット(m-5"bem feio")の書き下ろし楽曲を含むという豪華絢爛な一枚となっています。

初期のマリーザ・モンチを彷彿とさせる芳しい甘美なヴォーカルと恐らくはヘフナー・ベースと思われるポコポコしたヴィンテージ・サウンドを軸に義父のバックも務めるメストリーニョ(acc)、ベルナ・セッパス(key,vib)、ペドロ・サー(eg)、ステファン・サン・ジュアン(per)、マーロン・セッチ(tb)らリオの新世代ブラジル音楽勢の客演を仰いで管も弦も生楽器にこだわったブラジル流のプロダクション。楽曲もフビーニョ・ジャコビーナ作のタイトル曲m-4 "mae ana"(mae = ママ)をはじめ母になった喜びを感じさせる大らかな包容力をみせるものが多く、安らいだ気分にさせてくれます。トロピカルな味わいのペドロ・サーのギターにブラジルで産まれた音楽ということをさりげなく意識させてくれるドメニコやステファンのアーシーで緩やかなリズム・ワーク。バンド編成のトノでは収まりきらないレパートリーをやりきったと語る本作では愛らしさと優美な母性を前面に打ち出しつつも、オリエンタルだったりニューウェーヴだったりの音仕掛けも楽しめる作りとなっています。歌詞カードの後ろにはマタニティ・ポートフォリオ。




Your recent history

Recommended

Best sellers

Mobile