Natalia Matos

型番 NMFG0088
販売価格 2,500円(税込)
購入数

*'15/2/10再入荷しました。

近年テクノ・ブレーガなどで注目されるブラジル北東部パラー州都ベレン、この街出身の女性S.S.W.が州の威信を掛けた公的助成やナチュラ・ムジカルの後援、サンパウロのエクスペリメントなプレイヤーたちのバックアップを得て制作した先鋭的かつ詩的な一枚。

ベレン出身でサンパウロに出て来てホーダ・ヂ・サンバやショーロのセッションで歌っていたナタリア・マトス。パラーの音楽文化に特化した作品づくりをするという課題に取り組むことで公的助成を得た彼女が、最近ではベンジャミン・タウブキン、シモーニ・ソウとのアフロ・ブラジル・コンテンポラリー・ジャズのアルバムを発表したばかり(webにはアップしていませんが店頭に在庫ございます)、サンパウロのエクスペリメントな打楽器奏者/プロデューサーのギリェルミ・カスチフッピのもと、ヴェロニカ・フェヒアーニと来日も果たしているホドリゴ・ カンポス(eg、cavaco)、チアゴ・フランサ(s)、曲提供も行なっているキコ・ディヌッチといったエクスペリ・サンバ勢の先鋭的な音をまとい、サンパウロの都会的な焦燥旋律から、フィリーピ・コルデイロ、マルシオ・ジャルディン、レオ・シェルモンといったパラー州の音楽シーンから生まれたトロピカルにきらびやかなブラジルらしさが詰まった楽曲達をも可憐に披露。ヒカルド・ヘルス(vln)、ゼカ・バレイロ(vo) ら一線級のプレイヤーばかりが参加、広大なブラジルの神秘が詰まっています。







Your recent history

Recommended

About the owner

伊藤亮介



Blog

Mobile