Fabiana Cozza / Canto Sagredo (CD+DVD)

型番 5071020
販売価格 3,600円(税込)
購入数

サンパウロのバーからキャリアを積み上げて、往年の女性サンビスタたちを継ぐ存在にまで登り詰めたファビアナ・コッツァが生誕70周年を迎えた故クララ・ヌネスの故郷に赴き、きょうだいへのインタビューなどを敢行しながら作り上げたトリビュート・ショーの模様をCD+DVDで。傑作です。


二作前ではキューバ音楽の音楽家フリオ・パドロン(tp)がゲスト参加したり、 日本のジャズマン渡辺貞夫氏が日本に招聘してコンサートを行なったり、また前作ではエクスペリ・サンバ勢のキコ・ディヌッチらと共演したり、豊富な声量がもたらす包容力としなやかも併せ持つサンバのインタープリーターとして多くの支持を集めるファビアナ・コッツァ。今回はドキュメント映像にもあるように、クララ・ヌネスの故郷であるカエターノポリスを訪れ、クララのきょうだいであるドナ・マルキータに話を聞いたりしながらありき日のサンバ女王を偲びます。ショーは女優のオリヴィア・アラウージョ、振り付け師/ダンサーのJC・ビオラとファビアナで考案されたもので、パゴーヂ編成とはひと味違うピアニスト(エヂソン・サンタルーア)とコントラバス奏者(アンドレ・サントス)も入った編成で、m-9"Bafo de Boca" のようなしっとり聴かせる曲など、ジャズのエッセンスがぴたり嵌る瞬間が幾度となくあります。レパートリーはm-6"Linha do mar"(パウリーニョ・ダ・ヴィオラ)、m-12"Pau de Arara"(ルイス・ゴンザーガ)、にラスト3曲などサンバ・クラシックとしてブラジルの人々に愛される有名曲を収録。クララ・ヌネスの旦那さんである詩人のパウロ・セーザル・ピニェイロとサンバ市民-ジョアン・ノゲイラのタッグによる佳曲たちも3つ収められています。CDだけでもサンバ傑作盤としての説得力は十二分に。



Your recent history

Recommended

About the owner

伊藤亮介



Blog

Mobile