EZEQUIEL BORRA / de todos los dias, las cosas del mundo (2CD)

型番 cosas del mundo
販売価格 2,263円(税込)
購入数

ファルセットを用いたソフト・ヴォイスで、エフェクティヴなトーンやコラージュを交え、マジカルな音楽をアウトプットしてきたエセキエル・ボーラ。スピネッタ的な佇まいのハイブリッドなアルゼンチン・ロックを展開した前作から数年、久しぶりの新作は何と2枚組21曲のヴォリュームで、ルーツ・リズムをエッセンスとして用い、生ギターやムビラにパーカッションのアコースティックな編成を基調としています。これぞエクスペリメンタル・ポップと云える、変拍子と想像不可な展開、ローファイなコラージュは2枚に通じているのですが、両面ジャケの黄色い方の面-ビーチ・ボーイズのアルバムを思わせる方には、パブロ・パスがe.ギターやピアニカでほぼ全面的に参加、レイラ・チェーロによるチェロが編成に加わって、表皮を緩めきったドラム・キットやパーカッションが曲の要所でドラマティックな演出を加えます。ムッサ・フェルペス( key, k-pad )もゲスト参加。一方、灰色の方はチューバやトミ・レブレロによるバンドネオンなどを加えながらもっとガラージュな雰囲気、まるでその場に漂う空気までをも収めたように大らかなサウンド。ここでも一部にカンドンベのリズムが登場したり、カリプソを思わせるフレーズがあり、スキャット・コーラスがあり、不協和音があり....こちらにはアレハンドロ・フラノフ(vo)、セバスチャン・エスコフェ(texture←?)が参加。
 日記のように、その時々のインプロヴィゼーションに従って曲を作って行ったという本作。まるでロード・ムーヴィーのサントラのようにイマジネイティヴで、かといってポピュラリティを失うことなく絵を描ききっています。






Ezequiel Borra のmyspace → 

Your recent history

Recommended

Best sellers

Mobile