CARLOS AGUIRRE / LA MÚSICA DEL AGUA

型番 RCIP0288
販売価格 2,970円(税込)
購入数

2019/8/1 再入荷しました!

(インパートメント社国内盤 解説歌詞対訳付 2019/7/19 発売)

待望のカルロス・アギーレ新作はパラナー河やラ・プラタ河沿岸で生まれた川沿い音楽をコンテンポラリーに解釈したピアノ弾き語りの歌曲集。チャチョ・ムレール、ラモン・アジャラ(アヤラ)、アニバル・サンパイロ、アルフレド・シタロサといった若き日に繰り返し針を落とした作家たちの唄に加えて、シルビア・サロモネやルイス・バルビエロ、コキ・オルティス=マティアス・アリアスなど同時代の志を同じくする表現者たちの作品、川沿いエリアで育まれた唄を採りあげ、想いをこめて好演。瑞々しく洗練されたピアノのヴォイシングと詩的エッセンスを抽出するのにこの上ないナチュラルな歌声。瞼に青々とした木々と水面に輝く光が浮かんできそうです。


ソロ名義としては2012年発表の『オリジャニア』以来、7年振りとなるカルロス・アギーレのフル・アルバムがリリース。彼の創作の源泉である「河」を巡る人々の暮らし、重なりあう物語、雄大な自然の情景を、繊細で美しいピアノ弾き語りで詠った、近年の活動の集大成となる一枚。




自然と人々が織りなす情景を、愛情のこもった優しい眼差しで見つめ、美しい旋律で描きだすカルロス・アギーレ。アルゼンチンのフォルクローレをベースにさまざまな音楽の要素を織り交ぜ、新たな音楽を生み出してきた希代の音楽家が、近年のソロ活動において取り組んできたプロジェクト「ラ・ムシカ・デル・アグア〜水の音楽」が、遂にアルバムとして結実しました。


本作に収められた曲は全て、ラ・プラタ河流域に暮らしてきた人々、その文化、そして彼らを包み込んできた雄大な自然に根ざした、同郷の偉大な先人たちや同世代の優れた音楽家による作品。叙情豊かで時に牧歌的な楽曲を、アギーレはその世界観を大切にしながらも、風のようにそよぎ、光のように揺らめき、水のように澄んだピアノ伴奏と優しい歌声によって、新たな生命を吹き込みます。


 


日本盤はオリジナルのアートワークを忠実に再現しつつも、オリジナルの歌詞やアギーレによる解説と各曲コメントの対訳とライナーノーツを収録したダブル・ブックレット仕様。ジャケットからブックレットまで美しく彩る絵はすべて、カルロス・アギーレ・グルーポの名作『クレーマ』を始め一連の手描きの絵を手がけた女性画家パメラ・ヴィジャラーサによるもの。雄大なラ・プラタ河を創造の源として各地の先人たちが生み出してきた珠玉の作品が、現代の音楽家たちに受け継がれていく様子、そして大河の恵みのもとで繰り返される多様な生物の営みを連想させる、色彩溢れるアートワークも必見です。(メーカー資料より)





Your recent history

Members only page

ログイン

Recommended

About the owner

伊藤亮介



Blog

Mobile