GEORGINA HASSAN / MADRESELVA

型番 madreselva
販売価格 2,760円(税込)
購入数

2018/08/25売り切れました。

下記の飛び出す絵本状の細工があしらわれています。





可憐な唄声と弦楽にフォーキーな古楽器、アルゼンチン国内外にて高い評価を得る女性S.S.W. ヘオルヒナ・アッサンの最新作

前作「Tornasol」にカルロス・アギーレやヴィトール・ハミルらがゲスト参加、ますます充実のキャリアをおくる'77年ブエノス・アイレス生まれの女性S.S.W.ヘオルヒナ・アッサンの4作目が届きました。母なる存在や女性らしさ、ありのままの自然情景について唄った叙情的な歌詞、自らが弾き唄うのはギターのみならず、クアトロ・ベネズエラーノや、南米ではペルー、ボリビアで用いられることの多かったバンドゥリアといったフォーク楽器。旧作から引き続き現代ジャズに根ざしたアレンジを施すディエゴ・ペネラス(p,g,cho)、5弦チェロもプレイするラファエル・デルガドらの室内楽調の滑らかなアンサンブルと調和する芳しき唄声。m-3"Hay un silencio"に引用されたジェネシスのフレーズ、ゲスト参加したマルセロ・モギレフスキー(cl, b.cl)のアーティスティックな響きに呼応するように前衛的な佇まいをみせる異色のm-5"Jilguerito"、ビビ・ポッセボンら女性だけのポリフォニー&打楽器のグループ - デ・ボカ・エン・ボカが参加したm-7"Chega do rio"、チリのフォルクローレ・バンド - インティ・イリマニが参加したm-8"Corteza"と、吹き抜ける風の爽快さ、水を湛えた池の深遠さ、今回も彩り豊かで女性らしいしなやかさも多分に含有したコンテンポラリー・フォルクローレの秀逸な作品となっています。















Your recent history

Recommended

About the owner

伊藤亮介



Blog

Mobile