MARIANA MASETTO / ELA E O MAR

型番 BM2016
販売価格 2,360円(税込)
購入数
CD

ファクンド・ゲバラやマリアナ・バラフに師事を受け、打楽器叩き歌いのスタイルのソロ・デヴューを飾った1stアルバム「La Bumbunita」ではオーガニックで土の匂いのする如何にもフォルクローレというニュアンスの演奏でしたマリアナ・マセット。時を経て当店では3作ぶりの扱いとなる4thアルバム「Ela E O Mar」では4弦の小さなギター - クアトロの紡ぎ出す音に載せて独自の世界観をより華やいだものへと昇華しています。

ヨガの講師という別の顔も持つマリアナ・マセット、冒頭のトーキング・ドラムの叩き歌いからしてしなやかさを増しているように思います。そしてビオレータ・パラの"La Jardinera"、ミルトン・ナシメントの"Portal de color"の西語カヴァー、本作でミキシングからマルチ奏者まで務めるアリエル・ガトと共作したタイトル曲"Ela e o mar"では葡語歌詞でフォホーを、そしてシタール奏者コリン・ウエルコットの遺したアフロ・カンシオンの音の精に身を委ねたようなカヴァーに至るまで、コロコロと小鳥のさえずりにも似た柔らかな唄声を披露、フォルクローレの打楽器奏者による作品のイメージを爽やかで馴染みやすいものへと刷新してくれた作品。本作の発表後に7インチも刷っているようなのですが、需要がございますようでしたら仕入れたいと思います。なお、本人のディスコグラフィーがプリントされた、本の栞に使えそうなカードをお買い上げのお客様に付けさせていただきます。(無くなり次第終了)








Your recent history

Recommended

Mobile