MARTIN ROBBIO TRIO y LOS GUEVARISTAS / TIERRA

型番 840705106214
販売価格 2,220円(税込)
購入数
CD

かつて女流鍵盤奏者/S.S.W.のノラ・サルモリアが率いていたオルケスタ・スダメリカーナのピアノ奏者として活動、 ジャズ的な解釈のグローバル・ビートの一角を担っていたのが84年生まれの若手、マルティン・ロビオ。タンゴ・トリオを経て女性S.S.W.フロレンシア・ルイスのバックなども務めるフアン・フラッキ(b)と、アコースティックなフォルクローレ・コンボ - ドス・マス・ウノでも活動するアリエル・サンチェス(drs) の3人からなるピアノ・トリオで発表した自作曲を中心とした1stに次ぐ新作は、「Tierra」=地球をアルバム・タイトルに冠し、60年代に全盛を極めたアルゼンチンの作曲家兼眼科医エドゥアルド・ラゴスの楽曲に始まり、マッコイ・タイナー、ナナ・ヴァスコンセロスから南アフリカ生まれのベッキ・ムスレク、コルトレーンの奥さんアリスの楽曲にディノ・サルーシに至るまで、世界中のジャズを感じさせる場所のレパートリーを網羅。ペドロ・アスナールをはじめ、数々の名演で知られる打楽器奏者ファクンド・ゲバラがディレクションする、その名もロス・ゲバリスタスというパーカッション・アンサンブルとピアノ・トリオの透明感に溢れたプレイが聴きもの。チーチェ・トリオやタタディオスを率いるバンドネオン奏者のマルティン・スエドがm-4"Hymn"に、アレハンドロ・フラノフとも共演したマリンバ奏者マルコス・カベサスがm-9"Toda la pampa"に、ノラ・サルモリアとのデュオでも活躍する女性シンガー - ビッキー・ソタリスが3曲にゲスト参加。







Your recent history

Recommended

Best sellers

Mobile