PABLO TOZZI / mapa imperfecto de canciones clandestinas

型番 mapa imperfecto
販売価格 2,490円(税込)
購入数

様々なジャズ・ミュージシャンから、ヴィニシウス&トッキーニョでフィーチャーされていたブラジル人女性シンガー、マリア・クレウザとの共演、ラウル・カルノータからマリアナ・バラフら多くのフォルクローレ音楽家に、盟友と慕われるギジェルモ・カポッチなどブエノス・アイレスのコントラバス奏者として屈指のキャリアを誇るパブロ・トッシが、ベース奏者やアレンジャーとしてのみならず、シンガーソングライターとして、バックで参加しているパオラ・ガンベラーレ(vo)やパトリシア・"ピオホ”・サッピア(vo)らゲストに管弦のミュージシャンたちを招いて制作された最新作。純度の高いアコースティック・アンサンブル、フォルクローレのメランコリアから、メロウで洗練されたAOR調、ジャズ・フュージョンまでいろいろな表情を見せる入魂の一枚。


冒頭"Volver a los 17" はコントラバスの質感を活かしたロングトーン・フレーズの弾き語りへとアレンジされたビオレータ・パラ曲。穏やかな心情を綴ったようなアコースティック佳曲"Sin vos" を挟んで、レギサモン曲をジャズ・ファンクに改変した"Raiz madre"に驚かされつつも、ゲストvoパオラ・ガンベラーレの可憐な歌声と共にたおやかな川沿い音楽の詩情を描き出すm-4"Milonga de piel de trigo"に安堵の息をつきます。ボサ・ノヴァをアルゼンチン音楽のメランコリアで染め上げたようなm-5"Breve bitacora en tierra firme" や、優しげな眼差しを手向けるm-6"Rumbo de aucencia" やm-8"Colores"、ウドゥの深みのある余韻とフレットレスbの音色が絶妙にリンクするなか慈愛に満ちた唄とclに哀愁を覚えるm-10"Por saber"など極上のアコースティック・チューンの数々、クンビアのリズムでキューバのソンのようにも聞こえるホーンの用い方にゲストvoフリア・トッシとパブロとの甘酸っぱいデュエットで胸を締め付けるm-11"Mi barca y tu rio"。極め付けは幼い女の子(娘さん?)とチョコレートについて言葉遊びを演じるm-13"Chocolata"、頭のなかでフレーズがぐるぐる回り続けます。











Your recent history

Recommended

Mobile