LUCIANA OLIVEIRA / PURA

型番 LOCD02P
販売価格 2,263円(税込)
購入数

前作も取り扱いをさせていただいておりますブラジリア出身のディーヴァ、ルシアナ・オリヴェイラの2nd アルバム。マリーザ・モンチの諸作などで世界的に知られるアレー・シケイラのプロデュースでアコースティック楽器とエレクトロニクスの融合、アフロ・サンバからミスティークなダウンテンポ曲まで非常に格好良い仕上がりとなっています。

ナチフッツに参加するなど元はレゲエ寄りの出自の女性シンガー・ソングライターであるルシアナ・オリヴェイラ。サンパウロに拠点を移してから制作された今回は自作曲の比率が高いのですが、ミニマリズムに基づいたエレクトロニクスとピアノをはじめとしたアコースティック楽器が程よく融合、自身アーチストとしても活動するエドゥアルド・ブレショーと共作したオブスキュアなムードのm-2"Condicionada" には大ベテランの女性サンビスタ、エルザ・ソアレスが参加。アカペラ・グループのバンダ・ヂ・ボカによる華やかなハミングを導入部から用い、全く新しいサンバを提唱するm-4"Samba em pilet"や、アフロ・サンバ曲にヴィンテージepやFXを導入することでモダナイズしたm-5"O Mundo Estava em Guerra Mas Aqui Era Carnaval"、そして何といってもマルガレッチ・メネーゼスのプロデュースなどバイーアものの作品でその名を知られるミカエル・ムッチの生ピアノを背景に夢想的なムードを醸し出すm-8"Cio das Aguas"(ルカス・シリロ=テオ・ガルフンケル)はルシアナ・オリヴェイラ自身の揺るぎない音感を伴った歌唱を最大限に活かしたアレー・シケイラの本領発揮ともいうべき高品質具合。ドリヴァル・カイミ作m-9"Retirantes" のルーツ・モダンな解釈といい、後半に進めば進む程アルバムの凄さが伝わってくるという作品。




Your recent history

Recommended

About the owner

伊藤亮介



Blog

Mobile