florencia ruiz / tiemblo e.p.

型番 TAIYO 0007
販売価格 1,728円(税込)
購入数

ナチュラルなのにイマジネイティヴ。滑らかに、流れるように美しい唄と知性的に用いられたエレクトロ・エレメンツが、強い意志の下に結実。地球の裏側、ブエノス・アイレスで育まれた新しい感性の結晶を体感できる、来日記念日本編集盤。

florencia ruiz / tiemblo e.p.
フローレンシア・ルイス/ティエンブロ e.p.
日本国内盤(大洋レコード)
歌詞・日本語対訳付き
ライナーノーツ:小野寺信二

アルゼンチン・ブエノス・アイレスで幼稚園の音楽教師をしながら音楽活動をする女性シンガー・ソングライター - Florencia Ruiz (フローレンシア・ルイス)。日本でオフィシャル・ファン・サイトも存在しており、エクスペリメンタル・ポップ界のディーヴァ、もしくはポスト・ファナ・モリーナと呼び名も高き、新しい感覚を持った女性アーチスト。フォーク・インプロヴィゼーションを展開した初期を経て、エレクトロ・アーチスト - セバ・ランドロらがサウンド構築に関わるようになり、詩的な表現と声の存在感を活かしたイフェクティヴなバンド・サウンドへと徐々に傾倒。水面を滑るように素晴らしいギターのアルペジオと虹のように一丸となって上昇してゆく音の水飛沫。これを披露した前々作"Correr"、この盤の一曲目の路線が発展・進化したまま続いていくような感触が新作"Mayor"。ブエノス・アイレスのインディー・シーンから前述セバ・ランドロを始め(前3作からのリミックス盤"Fogon"を共同制作した経緯もある)、アリエル・ミニマル、フローパといったアーチストたちが参加。多くの曲に的確なエレクトロ・エレメンツが寄り添い、曲に依ってはストリングスをフィーチャーしたり、異色なガレージ調もあり、アルバム・トータルとしての突き抜けた印象。透明感、純度を高めた歌唱の表情は幾段にも増したように思える。この流れの美しさといったら...。

最新アルバム"Mayor"からはエレクトロ粒子と瑞々しい唄の旋律が一つになって昇華してゆく「ティエンブロ」(震える)、続いては前々作”Correr" のリーディング・トラック、フロア・タムの鼓動に合わせ景色が背後へ過ぎ去って行くような「コレール」(走る)、"Mayor"の前に制作されたリミックス盤”Fogon"から速度を増しながら突き進み、瑞々しさを保った人力ブレイク・ビーツへと展開して行く様が圧巻の「エンカンディラード」(幻惑)、"Mayor"収録曲のここでしか聴けない未発表バンド・ヴァージョン「アルゴ・アシ」(このように)、そして"Mayor"を代表するように美しき幻想ムードを携えた「モビメント・フィナル」(最終楽章)、最終曲も”Mayor"からナチュラル・アコースティックな逸品「アブリガーダ」(避難所)。厳選に厳選を重ねた「旬のトラック群」。フローレンシア・ルイス、兼ねてはアルゼンチン音楽のポップな感性に初めて触れるには又とない選曲、曲順となっております。初来日記念の予習に、復習に。

01. Tiemblo_震える
02. Correr_走る
03. Encandilado_幻惑
04. Algo Asi (new version by Seba Landro)_幻惑
05. Movimento Final_最終楽章
06. Abrigada_避難所

Your recent history

Recommended

Best sellers

Mobile