Juan Pablo Di Leone / Sin Palo

型番 7798130 041316
販売価格 2,500円(税込)
購入数

'15/11/2 再入荷をしてまいりました。当店では4年近く継続してお取扱いをしてきました商品ですが、2011.12.30の価格設定時から現在に至る為替状況の悪化につき今回の入荷から値上げせざるを得ません。ご了承ください。

アルゼンチンのコンテンポラリーなフォルクローレのミュージシャンがオールスター・キャストで美しい旋律を新鮮なアレンジで紡ぎ出す、フルート奏者 - フアン・パブロ・ヂ・レオーネの大傑作ソロ・アルバムが新たにリリースされます。カルロス・アギーレ (p)、フェルナンド・シルバ(C.アギーレ・グルーポ、ルス・デ・アグア b)、フランシスコ・ファットルーソ(ウーゴの息子、トリオ・ファットルーソ b)、ニコ・イバルブル(g)、マルティン・イバルブル(per)、マリアノ・カンテーロ (アカセカ per)、フアン・キンテーロ(アカセカ vo)、ルナ・モンティ (vo)、アンドレス・ベエウサエルト(key)、パブロ・ヒメネス(b)、エルナン・アシント (p)... フアン・パブロが今までにレコーディングで、ライヴで参加し貢献してきた名だたるミュージシャン達が軒並み顔を揃えます。'78年、ブエノス・アイレス郊外サン・マルティン出身、コンセルバトリオ・サン・マルティンとコンセルバトリオ・ナシオナル・ロペス・ブチャルドで音楽教育を受け、チャンゴ・ファリアス・ゴメスのグループでフルートから鍵盤やコーラスまで担当したのを皮切りに、アカセカ・トリオやメンバー関連作、タチアナ・パーハ、セルジオ・サントス、モノ・フォンタナ、カルロス・アギーレ、ペドロ・アスナール、そしてリリアナ・エレーロ...アルバムで、ショーで、共に演奏した面子は枚挙に暇がありません。さてアルバムの方では、冒頭 ウーゴ・ファットルーソ作の"esta simpre melodia" をフェルナンド・シルバのコントラバス + マリアノ・カンテーロのドラムスを背景に、鍵盤からハーモニカに柔らかく優しい唄声までをひとりでこなし、次曲の"no es"ではJ.キンテーロ=ルナ・モンティの夫婦デュオと共にピアノと唄にハーモニカでたゆたうような叙情のハーモニーを作り出しています。フルートが登場するのは、一転テンポを増すインストゥルメンタル m-3 "montevideo" (ルーベン・ラダ=H.ファットルーソ)からで、ブラジルのベベートがタンバ・トリオで見せたようなサンバ・ジャズの手法に近似した"カンドンベ・ジャズ”のスタイルで、緊迫感迫るアグレッシヴな演奏を聴かせます。作者のカルロス・アギーレ自身がピアノで参加する名曲 "milonga gris" では、舞い踊るような旋律を軽快なフルートの音色で表現、新鮮な風を吹かせます。レギサモン曲 "cartas de amor que se queman" では独自の間で心地よいピアノの弾き語りを、続く"chacarera del expediente" ではパーカッションも入り、J.キンテーロとのデュオでタンゴ・ジャズへと新たな解釈を。AOR調にソフィスケイトされたチャーリー・ガルシア曲"salir de la melancolia"や、カホンに生ギターのアコースティック・セッションを背景にバス・フルートからG管フルートまでを多重録音したエドゥアルド・マテオ曲”la mama vieja" など全10曲。静かで詩的なアルゼンチンのジャズ/フォルクローレ作品にまた一つ。ECM作品の洗練され完成された世界観、エルメート・パスコアルらの胸躍る即興性、これらを併せ持つ名盤の登場。

Your recent history

Recommended

Best sellers

Mobile