EDUARDO GUDIN & NOTICIAS DUM BRASIL 4

型番 DB 0614
販売価格 2,260円(税込)
購入数

'17/2/23 人気の正統派MPB傑作、再入荷しました。

ギターやピアノといった生楽器の気品高い上質な響き、優美なメロディと混声ハーモニー、代わる代わる登場するゲストや打・弦楽器の個性、全編を通して貫かれた美意識が息づく必携のブラジル音楽作品。

日本でも多くのボサ・ノヴァ好きを魅了するサンパウロのコンポーザー/ギター奏者/S.S.W.エドゥアルド・グヂンですが、前作「Um jeito de fazer samba」(サンバを行なう一つの方法)から9年。4つ目の編成となる男女混声のグループ-ノチシアス・ドゥン・ブラジルを率いての作品となるのですが、このグループに参加した女性シンガーはモニカ・サウマーゾやマルシア・ロペスのようにその後大きくキャリアを羽ばたかせることになるという縁起ものの側面も。今回はノヴォス・コンポジトーレスのシーンからイラナ・ヴォルコフが起用されています。ゲストや共作も豪華で冒頭"Olhos Sentimentais" には詩人のパウロ・セーザル・ピニェイロ(vo)、m-2"Nem no samba eu vou" には共作相手のパウリーニョ・ダ・ヴィオラ(cavaquinho)とクリストヴァォン・バストス(p)、サンパウロのサンビスタの始祖アドニラン・バルボーザの遺した作品にグヂンが手を加えたm-3"Armisticio"、これも共作相手のトッキーニョ(vo) が参加したm-5"Por que razao?"、カルロス・リラ(vo) とのm-9"O amor e a cancao"、テオ・ヂ・バホスとのm-10"Nao era assim"、アウヂール・ブランキの詩の朗読の後に先日二作目を発表したフランス在住のブラジル音楽女性デュオ - オウレリー&ヴェリオカがグヂン曲の仏語ヴァージョンを披露するm-11"Outro Cais - Un Autre Quai"、イヴァン・リンス(vo,p)が参加・共作のm-12"Do jeito que voce tem"にファチマ・ゲヂスとの共作まで。


Your recent history

Recommended

Mobile