DUONOVO / MÚSICA BRASILEIRA PARA TROMPETE & VIOLÃO

型番 7898254 978687
販売価格 2,490円(税込)
購入数
CD

*トランペットとギターのためのブラジル現代音楽

クリチーバを拠点に、ギター四重奏楽団でも活動し、アカデミックなフルートとギターのデュオ作も発表しているフランシスコ・ルス(g)と、バナネイラ・ブラス・バンドに幾つかの室内楽オーケストラでも客演するアウリン・ソウザ(tp)のデュオノーヴォは2011年に結成。"トランペットとギターのためのダイアローグ"と名付けられたアウリンの組曲は、祖母、母、父と身近にいる大切な人を思ってコンポーズ。アウリンはまだ27歳、続くソナチネを書いたジョアン・ルイス・へゼンヂで39歳、"Embolada"のカルロス・フェルナンド・セコマンヂは彼が45歳の時に書かれたもの、プロムナードと題された作品の作家フェルナンド・デドスで35歳、と主に若い感性でtpとgという変わったデュオ編成のために書かれた現代音楽作品を、ショーロの奏法とチェンバー・アンサンブルで用いられる広がりを持ったヴォイシングで体現。唯一2001年に亡くなってしまっている作家ヂマス・セヂシアスの作品"Requien Para Un Novillero"は、スペインの闘牛士のためのフラメンコまで視野に入れた楽曲で、フランシスコはラスゲアードを聴かせてくれます。新しい室内楽を模索する様子が体感できる素晴らしいインスト作品。









Your recent history

Recommended

About the owner

伊藤亮介



Blog

Mobile