JORGE LUIS REALES / FARALLÓN NEGRO

型番 FARALLON NEGRO
販売価格 2,220円(税込)
購入数

コルドバのギター奏者によるフォルクローレ・トラッド、アフリカ音楽、現代音楽、ジャズまで網羅したインスト作。ジョン・ストーウェル、フアン・ファルー、マリオ・グッソ参加。



冒頭のタイトル・トラックからマリオ・グッソ(per)とのインプロヴィゼーションを絡めたフリー・ジャズのモードに驚かされますが、ニコラス・マッサ(cl)らを召喚してのチェンバーでミステリアスなm-3"Canción para uno"に続いては、開放弦を用いての速いパッセージにロマン・ダニャの叩くウドゥやタブラがアクセントとして効いたアフロ・リズムm-4"Mora"、同じく弛緩した弦を打楽器の響き線のように用いたm-7"Chapitas"などソロ・ギター、そしてアンサンブルの可能性の極限に挑む姿勢が意欲的なオウン・コンポージングの前半。そして米国のジャズ・ギター奏者ジョン・ストーウェルとのデュオ編成でアルベルト・ヒナステラの"Vidala"を解釈したm-8、アルゼンチン北西部カタマルカのセロ・ネグロに伝わるビダーラのトラッドをウアイラ・ブスティージョ(vln)と共にリノベイトしたm-10"Ay poque dios me daria"、フォルクローレのレジェンド、フアン・ファルー(g)がゲスト参加したサ(za)ンバm-11"La tristecita"、そして3つのバイレシートを組曲形式に編んだm-12と、後半は古典フォルクローレをコンテンポラリーに解釈した内容。引き出しの多さを誇るホルヘ・ルイス・レアレスは'86年カタマルカ生まれで、UNCで作曲を学び、コルドバを拠点に活動するギター奏者。ハイメ・トーレスからメリー・ムルアやフェデリコ・アルセイゴル、コルドバ・ジャズ・オーケストラまで豊富な共演経験を持ちますが、本作はコルドバの自治体が主催するコンペティションで最優秀の栄誉に輝き制作されました。


*アルゼンチン国内での輸送時に個別包装なしで運送されたゆえに、デジパックのジャケにスレがある可能性がございます。通常のアルゼンチン盤新譜の価格相場より少しお値引きしまして、販売いたします。ご了承ください。















Your recent history

Recommended

About the owner

伊藤亮介



Blog

Mobile