BRUNO DELUCCHI GRUPO / LAS MENINAS

型番 KUAI 046
販売価格 2,490円(税込)
購入数
CD

2018/5/21再入荷しました!

唄心と鮮やかな彩り、金管・木管を伴った広大なスケール感のコンテンポラリーなジャズ・フォルクローレ、ブルーノ・デルッキ(p)のクインテート。澄んだ唄声に定評のある女性シンガー、ルシア・ボッフォ(vo)がゲスト参加。



'79年コスタリカのサン・ホセで生まれ、ブエノス・アイレスにて音楽素養を磨いたピアノ奏者がブルーノ・デルッキ。ディエゴ・スキッシ、モノ・フォンタナ、アンドレス・ベエウサエルトらにジャズの即興を、ギジェルモ・クレインらに作曲と編曲の師事を受け、ラテン・ジャズのラージ・アンサンブルに参加するほか、フラビオ・ロメロ(b)のグループやガボ・フェーロらの歌伴でも経験を積んできました。昨年末に発表されたばかりの2枚目となる本作では、流麗な川沿い音楽のハーモニーを持ったm-1"Mataderos"やクラリネットとフリューゲルホルンのメランコリーな旋律が際立つm-4"Pelusa de ombligo"、アルゼンチン北部のフォルクローレ・リズムをピアノのブギーに置き換えたようなm-2"Chacareeta"や、クラップのフォルクローレ・リズムからゲスト参加するジャズ・ギターのポリリズムへと展開するm-5"Las Meninas"、朗らかな舞踏曲を想起させるm-7"Ay ay ay ay ay"など、ルーツ音楽の様式を踏まえ現代的に咀嚼したブエノス・アイレスならではの手法、スピネッタのカヴァーが絶賛された男性S.S.W.リサンドロ・エタラがヴォーカルで参加したm-6"Semillas de Sandia"、クラシカルな輪舞曲のエッセンスを醸し出すフィト・パエス曲のカヴァーm-3"Cable a tierra"とウルグアイのレジェンド - エドゥアルド・マテオ佳曲のカヴァーm-8"Cuerpo y alma"で唄うのは、アンドレス・マリーノ(p)とのデュオ作が印象深い女性シンガー、ルシア・ボッフォ。器楽曲もうたものも、全編を通して介在するのは心の奥底と共振するかのような唄心。其処にインプロ要素など極めて現代的なジャズのエッセンスが散りばめられているのです。極厚のダブル・ポケット・ペーパースリーヴにシルクスクリーンでプリントされたアート・カヴァーも含め鮮やかな彩りを誇る作品。














Your recent history

Recommended

About the owner

伊藤亮介



Blog

Mobile