PAULO NETO / ROSÁRIO DE BALAS

型番 7898936 529418
販売価格 2,260円(税込)
購入数
CD

*北東部出身のS.S.W.が自身のルーツとエクスペリ・サンバの融合に自らの行く末を見出す

ブラジル北東部ペルナンブーコ州コンダドから10年ほど前に大都市サンパウロに出てきて、2010年に1stアルバムを、2012年には2ndアルバムを発表しているアーチスト、パウロ・ネト。前作まではインタープリーターとして、タイグアラやベルキオールの楽曲をカヴァーしてきましたが、現代の都会に生活する郊外出身者としてのアイデンティティを表すべく、自らのことばとサンパウロの前衛的なミュージシャンや実力者の協力を仰いで制作されたのが本作。プロデュースはクルビ・ダ・エンクルザのムーヴメント最前線にいるホドリゴ・カンポス(eg)、アーチスト・ディレクションは実力派シンガーとして名高いセルソ・シン、マルセロ・カブラル(b)、ダンテ・オゼッチ(g) とサンパウロのミュージシャンたちが、ファズ・ギターなどでサイケなアレンジを施すなか、優れたメロディ・メイカーとしての資質、セルソ・シン仕込みの丁寧で艶っぽい唱法で洗練されたペルナンブーコ=サンパウロ間の新しい唄たちを提示。メランコリー漂うフレーヴォm-3"Menino de Ninguém"、ポスト・パンクの影響さえ伺わせるm-5"Temos Todos O Mesmo Tudo A Perder"にはゼリア・ダンカン(vo)がゲスト参加。トロピカル感溢れるダンサブルなショッチm-14"Bota Água Na Roseira"は、パウロが里帰りした際にトラック運転手を勤める祖父に教わったレパートリー。
















Your recent history

Recommended

About the owner

伊藤亮介



Blog

Mobile