daniela cesario / quiero

型番 quiero
販売価格 2,510円(税込)
購入数
CD

しっとりと抒情詩を下敷きにしたメランコリアで秋を染め上げる女性vo/p ダニエラ・セサリオ。

最近ではイネス・バシャラ、パウリーナ・トーレス、セシリア・フェルナンデスと唄う女性音楽家4人からなるロサ・デ・ ロス・ビエントスというグループでも活動するブエノス・アイレス出身、コンテンポラリー・フォルクローレの女性S.S.W.ダニエラ・セサリオ。


世界的に著名なホルヘ・ルイス・ボルヘスの詩作にペドロ・アスナールが楽曲をつけた"Caja de música"、 夫である小説家のディエゴ・パスコフスキと本作のピアノ奏者/プロデューサー、アレハンドロ・デフリエスの共作曲"Para que duermas bien"、この二曲のカヴァー以外は、すべてのメロディをダニエラ・セサリオ自身が書いており、ラウル・ゴンサレス・トゥニョン、フェルナンド・ペソア、イデア・ビラリーニョ、オクタビオ・パス、マヌエル・バンデイラ、エステール・モリージャス、国内外の詩人たちの抒情詩に楽曲を付けるというのがこのアルバムの基盤たるコンセプト。ピアノのアレハンドロ・デブリスを中心に、フェルナンド・ボッティ(b)、エセキエル・ディアス(drs) というピアノ・トリオをバックにした静かなアンサンブルは、しっとりとした現代ジャズのエッセンスに満ちて、瑞々しく澄んだダニエラの唄声と共に川沿い音楽の風情を醸し出すほか、サンバ・ジャズの自作曲"Carnaval de Clarice "や、フランス生まれのS.S.W.ブリアン・シャンブルイロンとデュエットする"Viento"など優雅さを常に携えて。








Your recent history

Recommended

Best sellers

Mobile