MINCO

型番 MINCO
販売価格 2,330円(税込)
購入数

シンガー・ソングライターたちが群雄割拠するブエノス・アイレスのインディペンデントな音楽シーンですが、既知のミュージシャンたちがその背を押す、注目すべき存在が登場しました。親密な朗らかさと夢を見るかのようにロマンチックなフレーズが散りばめられ、愛と悲しみ、喜び、感情の揺れ動く様を、ag、ロンロコやtpに電子楽器を交えたハイブリッド・ポップなサウンドで描き出す、フリアン・ミンカスによるバンド・プロジェクトがミンコ。


ソフィア・ビオラエセキエル・ボーラといったゲストvo勢に、ファクンド・フローレス(drs)やマルティン・レスニック(g)らロス・グリジョス・デル・モンテなどでも活動するミュージシャンたち、そしてミキシング・エンジニアにはフェミニンなアコースティック・ポップを聴かせるロサルのエセキエル・クローネンベルグ。パーマネントに参加するバンド・メンバーのフリアン・マロセッティは、アルゼンチン・ロックやジャズで著名なハビエル・マロセッティの息子で、MVのディレクションをも手がけて居ます。シンセティックな音使いに影響が見て取れるルイス・アルベルト・スピネッタのトリビュート・ライヴにもエルナン・ハシント(p)と共に参画したり、劇伴も多く手がけてきたというこのフリアン・ミンカスは、よりエレクトロ・ポップに寄ったプエルト・インフィニートとして過去に2作を発表、よりセンシティヴな表現を求めて立ち上げたプロジェクトのデヴュー作になります。レコ発がキャパの大きなCAFFで行われたことからも、現地の音楽好きから寄せられる期待の大きさが窺えます。








Your recent history

Recommended

Best sellers

Mobile