MARK ISBELL / ENCONTRO

型番 190394228910
販売価格 2,200円(税込)
購入数

*2017/7/11 売り切れました。また仕入れます。

サンパウロのノーヴォス・コンポジトーレス周辺から派生したサックス奏者のソロ作


カルフォルニア出身の米国人サックス奏者、マーク・イスベル。バークリー音楽院を卒業していて、以前にはリオの音楽家たちと「Samba Copacabana」というアルバムを制作したり、故ドゥルヴァル・フェヘイラが手がけたセリーナのアルバムにも参加しているのですが、新作はサンパウロのフレッシュなジャズ・シーンを担う面々と所縁の楽曲をレコーディング。


DDG4(ダニ&デボラ・グルジェル・クアルテート)からデボラ・グルジェル(p)、シヂエル・ヴィエイラ(b)、チアゴ・ハベーロ(+)、そしてデボラも参加する自身のクアルテートでソロ作を発表しているコンハード・パウリーノ(g)。ブラジルのリズムを尊重しながら、もっとも洗練された、たおやかなアンサンブルを築きあげるサンパウロ・ノーヴォス・コンポジトーレスの担い手たちが米国人木管奏者のバックを務めるというには、あまりにもフェアで対等な対話が為されているかのような作品。コンハードの"A Nova Sem Nome"に"Samba da Catalina" や、ダニ&デボラの"Da Pá Vilada"にデボラの"Quiet Little Lady"、それぞれの演者のレパートリーを採り上げつつ、オスカル・カストロ・ネヴィスやバーデン・パウエル、ジョアン・ドナートにイヴァン・リンス、そしてマルコス・ヴァーリとブラジル音楽の連綿と連なるレジェンダリーなレパートリーをも共演。まろやかな木管のメイン・テーマと、柔らかく鮮やかなタッチをみせるデボラのピアノ、コンハードのボサ・ノヴァのバチーダ、阿吽の呼吸でスペクタクルを繰り広げるリズム隊、これらが一体となって作り上げるシーナリーなブラジリアン・ジャズ。





Your recent history

Recommended

Best sellers

Mobile